2018-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告

    2011.10.22 (Sat)

    第十一夜

    いらっしゃいませ。

    みなさんいかがお過ごしですか?

    今夜は久々にサトリがイタリアンを作りました。

    この女、17の頃から音楽の勉強のためにイタリアの田舎、都会問わず通いつめている。
    彼女のイタリアンは地元民の直伝なのである。

    そんなサトリがパスタを作るのは決まって、
    こよなく愛するイタリアを、ローマを、アドリア海を思い出し、
    心に潤いを取り戻そうとしているときである。

    Photo+21-10-11+21+07+37_convert_20111022051726.jpg

    この雑さ。

    さすがである。

    やはり本場は違うのだ。

    ニンニクをオリーヴオイルで炒め、ちぎってゆでたキャベツを投入。
    適当にアンチョビとツナ、ぺぺ、少量のペコリーノチーズも入れてみる。

    ニンニクとオリーヴオイルは料理を始める皮切りだが、ここで普段のしがらみをかなぐり捨てるのがポイント。
    もう、むりやりにでも元気になってしまうような、ニンニクとオイルの笑えるような量を使うこと。
    それがイタリア式。
    10秒もすれば食欲をそそるあの匂いを充満させ、何もかも忘れさせてしまう。

    これでソースは完成。

    問題はパスタの茹で方である。

    できれば硬水の水道水で、鍋いっぱいの湯に、オリーヴオイル、塩を入れる。
    それもやはり、胸がすくほど大量に、ついでに理性も一緒に放り込んでしまう。
    そう、アホになるほど。
    サトリが塩を入れる姿はツマミが絶句したほどだ。

    容赦しない、ケチらない。
    これが重要ポイント。

    沸騰したら、パスタを投入。
    パスタの選び方はソースにもよるが、キャベツとアンチョビのペペロンチーニの時は平麺のバヴェッティーネがおすすめだ。
    茹で時間は、わからない。
    本当に適当なのだ。

    なぜならパスタを作るとき、それは何も考えたくない時間。

    なんとなく頃合いを見て、アルデンテを確かめ、火からおろす。
    おそらくパッケージに書いてある茹で時間よりは短いだろう。

    その時間、それは愛と自信と勇気のたれ流しで成り立たせるものなのだ。
    これが第三のポイント。

    それからザルは使わずに、茹で汁を捨て、パスタを少し残った茹で汁も一緒にソースとからめる。
    それが第四ポイント。

    最後にお皿に盛りつけてから、サトリは隠し味という名の下に、ぺぺ入りオイルをさらっと振り掛ける。
    ズボラ人間の味方だ。世の中のほとんどの人はズボラなのだ。

    イタリアンという世界は、彼らにとって愛に満ちている。
    サトリのパスタもまたやはり、いつだって愛に満ちている。
    何より大事なポイント。

    これで、完成。

    お供はもちろん、

    Photo+21-10-11+22+20+23_convert_20111022075554.jpg

    それから初挑戦の、

    Photo+19-10-11+12+20+02_convert_20111022051629.jpg

    豚肉とイチジクのバルサミコがけ。

    さらに、

    Photo+21-10-11+21+08+01_convert_20111022051202.jpg

    ツマミの十八番、ブロッコリーのスープ。

    フルコースだ。

    しかし忘れるなかれ、ここは金曜の深夜食堂、よくばり女三人は、なんと、デザートに、"耳をすませば"を見始めた。
    中学三年生の読書少女が、イタリアへ留学するヴァイオリン職人の男の子に恋をするお話。

    イタリア繋がりだからか、ホルモンバランスなのか、なんとなく三人揃って見たくなってしまった。

    そしてまた猫欠乏症の三人を癒すディテール付き。
    三人の共同本棚に最近増えた古本「猫の民俗学」という本が、そっくりそのまま図書室のシーンに登場した時はさすがの三人娘もテンションが上がったね。

    そして恋人役の彼の長年のファンであるユメは、ジュネーヴの寒い一週間で冷え込んだ心身までじっくりほぐされたようだ。
    先に自室へ上がってあたたかい夢を見ている。

    みなさんの週末も、あたたかいものになりますように。

    今夜もまいど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    スポンサーサイト
    08:31  |  サトリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(11)

    Comment

    豚肉と無花果!
    美味しそう〜!
    耳をすませばは私も大好きです。
    あの懐かしい青春がね、いいですよね。
    うちの母は「おっとこ!おっとこ!」とからかわれるシーンが一番好きらしいですけど。。。
    やはりバイオリンを弾くシーン、いいですよね。
    素敵な甘いデザートですねぇ。
    Barビーンズ |  2011.10.22(土) 12:48 | URL |  [編集]

    おばんです。
    雑!?!?
    うそうそ!!そのノリがイタリアンっぽいですよ!!
    今夜もぜったい美味しそうです。
    懐かしいなぁ、耳をすませば。自転車乗乗りたくなってきた!!セイジ君みたいに!
    いいだ |  2011.10.22(土) 15:53 | URL |  [編集]

    おー!ついにサトリさんレシピ解禁ですね?
    感性によるレシピって感じ。硬水がポイントなのでしょうか
    イチジクのバルサミコって言うのも素敵です!

    私も普通の中学生だったので、聖司くんが凄いと思ってたし、、、あーっ切ない映画ですよね
    サトリさん、音楽のためにイタリアに行っていたなんて、
    凄いな〜と思うばかりです。
    美味しいテーブルに、いい映画。
    素敵な夜でしたね♪
    ヨリ |  2011.10.22(土) 16:04 | URL |  [編集]

    五つのポイント、しかと。
    最後のポイントが一番重要ですね。OKです。

    週末のフルコースに、あ~・・・溜息・・・

    イタリアンにカントリーロード。

    おしゃべりが止まらなくなりそうです^^
    けい |  2011.10.22(土) 20:16 | URL |  [編集]

    Re: タイトルなし

    Barビーンズさま

    いつもありがとうございます!

    > 豚肉と無花果!
    > 美味しそう〜!

    牛肉の方が合うと思いますが、なんせバルサミコが肉を引き立てるので!!オススメです♡

    > 耳をすませばは私も大好きです。
    > あの懐かしい青春がね、いいですよね。
    > うちの母は「おっとこ!おっとこ!」とからかわれるシーンが一番好きらしいですけど。。。
    > やはりバイオリンを弾くシーン、いいですよね。
    > 素敵な甘いデザートですねぇ。

    あのバイオリンのシーンは名場面ですよね!
    聖司くん、プロ中のプロ並に上手いですw

    サトリ
    ansheen |  2011.10.23(日) 06:52 | URL |  [編集]

    Re: タイトルなし

    > おばんです。
    > 雑!?!?
    > うそうそ!!そのノリがイタリアンっぽいですよ!!
    > 今夜もぜったい美味しそうです。

    ありがとうございます!
    雑なようで、繊細なんですけど、やっぱりあえて雑さを残したいですね♡

    > 懐かしいなぁ、耳をすませば。自転車乗乗りたくなってきた!!セイジ君みたいに!

    乗っちゃってください!!
    ちょうどあの季節ですしね^^

    またお越しください♪

    サトリ
    ansheen |  2011.10.23(日) 06:55 | URL |  [編集]

    Re: タイトルなし

    > おー!ついにサトリさんレシピ解禁ですね?
    > 感性によるレシピって感じ。硬水がポイントなのでしょうか

    ヨリさん、そうですねー、硬水は実はかなり大事かもしれません。。
    私も日本ではパスタもカフェもなかなか上手くいかなかったので…(>_<)

    > イチジクのバルサミコって言うのも素敵です!
    >
    > 私も普通の中学生だったので、聖司くんが凄いと思ってたし、、、あーっ切ない映画ですよね
    > サトリさん、音楽のためにイタリアに行っていたなんて、
    > 凄いな〜と思うばかりです。
    > 美味しいテーブルに、いい映画。
    > 素敵な夜でしたね♪

    イタリアは美味しいものもたくさんあるし、本当にいろんなことが勉強になります!
    でも、やっぱり最後は日本の映画でシメでした笑

    サトリ
    ansheen |  2011.10.23(日) 07:02 | URL |  [編集]

    Re: タイトルなし

    > 五つのポイント、しかと。
    > 最後のポイントが一番重要ですね。OKです。

    けいさん、こんばんは^^
    結局レシピもポイントも、経験がなければ本場の味にはならないですね、私もまだまだです…

    > 週末のフルコースに、あ~・・・溜息・・・
    >
    > イタリアンにカントリーロード。
    >
    > おしゃべりが止まらなくなりそうです^^

    次回、ユメがさらに語ります^^
    またお越しください♪

    サトリ
    ansheen |  2011.10.23(日) 07:08 | URL |  [編集]

    初めまして〜、美味しそうです。

    初めまして。
    少し前から拝見してました。ドラマ設定がとても楽しくって、カモメ食堂あたりを連想しながら楽しく読ませて頂いてます。そして美味しそう♪
    私もヨーロッパではなくアメリカですが、留学で来て早15年。学生の頃は友達とアパートをシェアしてました。
    皆さんのやり取りがなんだか懐かしい(でも2人より女3人の方がドラマを感じるわ〜)
    その友達共々、縁会ってそのまま当地で結婚、今は子育てまっしぐら中です。^_^
    これからも楽しく読ませて頂きます〜、あ、美味しいメニューもお酒も(私も大好きです)!!!
    kunkunkoo |  2011.10.23(日) 11:57 | URL |  [編集]

    Re: 初めまして〜、美味しそうです。

    > 初めまして。
    > 少し前から拝見してました。ドラマ設定がとても楽しくって、カモメ食堂あたりを連想しながら楽しく読ませて頂いてます。そして美味しそう♪

    初めまして^^
    ありがとうございます!

    > 私もヨーロッパではなくアメリカですが、留学で来て早15年。学生の頃は友達とアパートをシェアしてました。
    > 皆さんのやり取りがなんだか懐かしい(でも2人より女3人の方がドラマを感じるわ〜)
    > その友達共々、縁会ってそのまま当地で結婚、今は子育てまっしぐら中です。^_^
    > これからも楽しく読ませて頂きます〜、あ、美味しいメニューもお酒も(私も大好きです)!!!

    そうなんですね!
    15年、すごいです!!
    私たちはまだまだ数年未満で、これからどうなることやらという感じですが…楽しく食べて飲んでやっていこうと思います♪笑

    サトリ
    ansheen |  2011.10.24(月) 19:49 | URL |  [編集]

    >kunkunkooさん

    コメントのお返事大変遅くなってしまいすみません。
    深夜食堂は、お客様それぞれの希望するイメージでいいのです。

    そうですね、シェアというのは本当に人の縁の不思議さということにすごく感慨を受けますよね。
    素敵ですね!皆様が幸せでいることを願ってます。
    これからも是非寄ってってくださいね。
    ansheen |  2011.11.02(水) 07:06 | URL |  [編集]

    コメント:を投稿する

    Url
    Comment
    Pass  編集・削除するのに必要
    Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバック URL

    →http://chezcluse.blog.fc2.com/tb.php/15-ff1a8963

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック:

    ▲PageTop

     | ホーム | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。