FC2ブログ
    2018-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告

    2012.09.15 (Sat)

    第三夜

    いらっしゃいませ。

    さて、今夜のメニューは新同居人のM子さんに作っていただいた、こちら。
    Photo 12-09-13 14 25 36
    ひき肉オムレツ。
    卵好きの私にはたまらない。
    レシピは残念ながら、M子さんのみが知る。
    「出し巻きやオムレツはよく作るんだ」という彼女が作ったオムレツはきれいな形をしていた。
    今日は予定もない。たっぷりのボリュームをゆっくりのんびり時間をかけて食べる。

    以前はこんな風にのんびり食べることはなかった。
    無理もない。
    酒の飲み過ぎやストレスで胃がすっかり弱くなった今じゃ、気をつけて食べないとそのあとうんうんと苦しむことになるからだ。
    少しずつ齢を重ねてきている証拠であろう。
    年月を感じるのは身体的だけではない、精神的にもだ。
    たかが来月24になる小娘が戯言だが、若いでもなく、さりとて一人前とも認められない20代後半は身動きがとりづらくてしょうがない。フラストレーションが溜まっていく一方だ。

    それでもなお、私達は走り続ける以外の選択肢はない。
    生きるということは自ら「止まる」ということを選ばないことである。
    生命として誕生したからには「止まる」ことが許されるその時まで、戦い続けるしかないのだ。
    休むことは、決して止まることではない。休息なしでは、勇んで戦うこともままならない。

    だが忘れてはいけない。戦うのは、自分のプライドのためでもなくエゴのためでもない。
    そんな下らない小さなもののために戦ったり守ろうとするその姿は、サバンナに裸で両手を広げて走り回っているようなものだ。その姿を見て最初は怯む者もいるだろう。しかし、動物はいつしか慣れ、学ぶものである。
    一度慣れてしまえばなんてことはない、彼らは実体のない風と戦っているだけなのだ。滑稽な姿だ。

    戦う理由はただ一つ、愛である。
    しかし、愛と一口に言ってもその形は無限大である。
    だが、本当の愛を探すためのその最初の第一形態はアイデンティティーの確立だ。
    アイデンティティーなしでは、他人を愛することなどできるわけがない。そんな愛なんて、結局は自分のエゴとプライドのためだけである。そんなのは「イヤなら見なければいい!見なければいい!」と言いながら露出狂になっているようなものだ。どこぞのメディアのようである。

    アイデンティティーの確立の上で大事なことは、あらゆる可能性、または選択肢を切り捨てることである。
    一本にしぼらずにフラフラしているようでは、集中できるものもできるわけがない。
    可能性を切り捨てるということは、選ばなかった道を後悔することではない。選んだ道が正しいのだと信じ、それを確実に形にするために遂行することなのだ。


    あぁ、少しおしゃべりが過ぎたようだ。
    そんな下らないおしゃべりも、お酒をおいしくするためのエッセンスだ。
    今夜も、まいど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーサイト
    18:10  |  第二章  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

    Comment

    コメント:を投稿する

    Url
    Comment
    Pass  編集・削除するのに必要
    Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバック URL

    →http://chezcluse.blog.fc2.com/tb.php/50-39ca4849

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック:

    ▲PageTop

     | ホーム | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。