2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

    --.--.-- (--)

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  |  スポンサー広告

    2012.09.18 (Tue)

    第四夜

    いらっしゃいませ!


    今夜は久々のサトリが特別出演です。

    みなさんお元気でしたでしょうか?

    この女、この夏愛しのクルーズ(旧シェアフラット)を引き払い、なんだって男だらけの寮に迷い込んで掃除ばっかりしてるとか。

    ええ、生きてます。

    そんな新生活にも疲れてきた週末、ユメの新居パーティーにお邪魔した時の食卓をレポート。



    Photo 12-09-16 13 24 25


    じゃん。

    インド料理!

    左はPuff Riceというインドのお米のスナック。たまに出くわすピーナッツの食感のせいで全く止まらない。

    上部のチキンカレーはユメのホームの味。ココナッツミルクでマイルドに。

    中央はインゲンとソイチャンク(大豆ミート)の炒め物。

    右はカレースパイス風味のホウレン草のパイ。こちらはゲストの一人であるインド人のママのお手製。


    この他、ローティプラタというカレーのお供(薄いナンとでも言おうか)や、サモサという揚げ物(言わばインドの三角形春巻。今回の中身はキーマカレー)、各種お酒もありつつ、デザートはユメお得意サトリ大好物のキャロットケーキでした。


    シンガポール、日本、中国、オーストリア、アルジェリア、スイスという雑多なメンバーでの新しい暮らしを、鮮やかに、絶妙に、優しくもスパイシーなインド料理で開幕させたというわけ。

    すでに文化の違いや生活スタイルの違いで、ネタの尽きない泉の様相を呈しているこのフラット。

    もうなんでもありです。

    ユメの人間観察力がますます磨かれることでしょう。

    サトリもしょっちゅう入り浸って楽しんでいる。

    まさに…インド。笑

    素敵なゲストの面々に、その引っ越し祝いという名の前夜祭を盛り上げていただきました。




    ところでこのなんともやる気のない写真、申し訳ないのですが、実は、パーティーの翌日のブランチのもの。

    ついでに言ってしまうと、その日の夕食でもありました。

    そう、あたためるだけでした。

    もう、二人ともくったくたでした。

    いや、ついつい食べたくなってしまう不思議な美味しさだったのです。

    それに、その日は長く濃厚なバケーションの最終日で。

    だから、おもむくまま過ごそうと、怠惰に、優雅に、食べ尽くしたのです。

    本場のインド料理がこんなにも飽きないものだと、初めて知りながら。


    引越しも、掃除も、買い出しも、インテリアの設置も、なかなか美味しく作れない新しいキッチンも、もう十分。

    明日から引き戻される日常生活も、今日だけは考えないことに決めた。

    ただぐだぐだと、夏の思い出だけを語り尽くして過ごそう。

    そんなバケーション最後の休日に、インド料理はあまりにも適任。

    ほんのり甘く、でも食欲を刺激し続けるスパイスに、ほとんどの食材が野菜という優しさ。

    食べれば食べるほど、その不思議な包容力に酔っていく。

    やめられない。

    まるでインドという国そのもの。

    その料理をお供に、色んな話がぐるぐると展開されていく。

    知らず知らず、人生について、回想していく。

    ソファでゆったりと語るうちに、それは一つにまるく繋がっていく。

    お互い別々の場所で、精一杯戦ってきた四半世紀。

    この夏はその経験を総動員した激戦だった。

    それも、振り返れば景色の一片。

    思い出話は何より食卓に花を咲かせるものかもしれない。

    お腹いっぱい食べて、胸いっぱい語ったら、明日からまた100日間前を向いて走り続けられる。

    さあ、余韻をこのページに残して、新年度、新生活、潔く、スタートです。



    今夜も、まいど。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーサイト
    07:25  |  第二章  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

    Comment

    コメント:を投稿する

    Url
    Comment
    Pass  編集・削除するのに必要
    Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
     

    ▲PageTop

    Trackback

    この記事のトラックバック URL

    →http://chezcluse.blog.fc2.com/tb.php/52-2baed291

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    この記事へのトラックバック:

    ▲PageTop

     | ホーム | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。